このところ毎日のようにリスがベランダにやって来ます。おじいちゃまがベランダのあちらこちらにクルミをおいているのです。見つけると、両手で持ち上げてクルクルと回転させます。まるで、中身が入っているかどうかたしかめているみたいです。「よし!」となると、口にくわえてどこかへ運んで行きます。

おかしいのは、口にくわえた後でもう1つのクルミを見つけた時のようすです。「ムムッ!」という感じで2つ目のクルミを見つめるのです。1つは口にくわえているのだから2つ目は手に持てそうな気がするでしょう?でも、手に持ったら走ることはもちろんのこと、歩くことも出来ないのよね!このことを一瞬の内に判断して、「ともかくコレをおいて来よう!」って感じで走りさるのです。

何度もやって来ては2つ目のクルミを「ムムッ!」と見るのがおかしくて、おじいちゃまと大笑い。あんまり可愛いので、朝のいそがしいときなのに一時間以上観察してしまいました。

IMG_4036