DSC_0381

シラネアオイ

カタクリが終わる頃、黄緑色のワラビのような芽がムクムクと顔を出して来ます。気温が定まるまでそのままの姿で待機していて、やがて暖かくなると抱えていた花を綻ばせていきます。待ち切れなくて、落ち葉をめくって覗いて見たり、また隠してあげたりの落ち着かない日々を過ごすものです。

自生しているものと思っていたのですが、先代の記録に苗を移植したことが記されていて、庭の植物を見直すきっかけになった花です。この土地に合っているのか、タネを採り撒きしておくと良く発芽します。発芽から花が咲くまで何年かかるのか、現在、調査中です。