今日は11月4日。

冬じたくのために山荘に来ています。

これは、コシアブラの木です。

よく見てみると、小さな芽が出来ていますね。

この芽は、冬の間ずっと寒さにたえて、春になると開いて葉っぱになります。

ほかにもないかなとさがしてみると、ありました!

レンゲツツジです。

これも春になると葉っぱになります。

冬の間、ずっと寒さをしんぼうして春が来るのを待っているのですね。

こういう芽を冬芽(ふゆめ、とうが)というそうです。

半年近くも前から準備しているのかと思うと、なんだかすごいなと思いませんか?