カタクリ

雪が融けたところから次々と顔を出します。アリが種を運んで生息地を広げてくれているらしいですが、確かに、人が入らない所が群生地になっています。発芽してから花をつけるようになるまで数年もかかるとのことですが、なかなか逞しいところもあって、工事で踏みつけた場所からも復活したりして、嬉しい驚きをプレゼントしてくれます。最近、敷地外にも咲いているのを見かけるようになり、その内、近隣の名所になるのでは・・・と期待しているところです。