「YHI」のキットで、畑と作物をシンボリックにデザインする手法が勉強になった作品です。(画像はピンを抜いている様子)

《ボード仕立て》

①  作品に見合った額と、額に合わせたサイズのボードを用意する。

②  ボードの大きさに合わせて刺しゅう作品の周囲と四辺中央に糸じるしを入れる。

③  ボードの四辺中央にも印を付ける。

④  布とボードの中央の印を合わせてピンを打つ。

⑤  ボードと布の角を合わせピンを打つ。弛むようなら糸じるしを無視して引っ張り気味に打つ。四辺、同様に。

⑥  中央と角とのピンの間にもう一本ピンを打つ。残りの辺も同様に。

⑦  ピンとピンの中心に新たなピンを打つという事を隙間がなくなるまで繰り返す。

この時、例えばアの辺にピンを打ったら次はその対面の辺イ、ウの辺に打ったら対面の辺エ、というようにテンションの掛け方がいつも四辺均等になるように打っていきます。

一通りピンを打ち終えたら、周囲の糸じるしを目安に織り糸のラインが真っ直ぐになるよう調整しながらピンを打ち直していきます。最初の角合わせの際にタルミが出ないようにしっかりテンションを掛けておくことが後の手間を省くことになります。

普通は虫ピンを使うのですが、作品が大きくなってくると指先の痛みは相当なものです。それで私は待ち針を使うのですが、待ち針だと針の頭の幅だけ隙間が出来るので、その隙間を虫ピンで埋めるようにしています。

細かいことですが、ピンを打つときには織り糸を突き刺すようにします。織り糸の隙間に刺していると位置を確実に固定できません。

⑧ 裏に回った布の角を額縁仕立てになるように折りたたみ、麻糸90/2を2本どりにして引っ張り気味に縫い止める。

⑨ボードと裏布にボンドをたっぷり塗って接着させ、ボンドが乾かないうちに糸じるしを外す。

⑩アイロン台に厚手タオルを敷いた上に刺しゅう面が下になるように置いて、重い本などを積んで重石を掛ける。

⑩ボンドの湿気が完全に抜けるまでその状態を保ち、ピンを抜き取って額に入れる。ボードのまま飾る場合は、合板などで裏打ちすると反り返りを防げる。

敬遠されがちなボード仕立てですが、思うほど大変な作業ではありませんから是非トライなさって下さい。