これも昔から見かけていた自生種で、7月から今に至るまでの長い間、次々と咲き続けている。父の残した写真集には「ホタルブクロ」となっているが、正確には「ヤマホタルブクロ」らしい。庭の中というよりは周縁部に多く見かける。地味だが形が愛らしく捨て難い魅力がある。