亡父が退職後、山荘で独居生活を楽しんだ時期があった。畑を開いて野菜を育てたりシイタケ栽培をしたり、どうも自給生活を目指していたらしい。その頃の名残か、アスパラガスやイチゴの株が今も生き残っているし、ウドもその一つかも知れない。周辺に自生種を見かけなくもないが、我が庭のウドの多さは当時から目立っていたからだ。

雪が解けた連休過ぎにムクムクと出て来る新芽は、愛らしいわ美味しいそうだわで大事に大事に見守られ、やがて食べ頃になっても必要量は限られているため多くがスクスクと大木に育つ。夏になると地面近くに作られる緑陰が貴重だし、花が咲くと「可愛いね!」となり、葉が枯れる頃になって初めて「なんでこんな見苦しい大物を放置して来たんだ?」と正気に戻ったかのようにバッサバッサと切り倒して行く。これが例年のパターンだ。

ところがある冬のこと、刈り残したウドに残っている実をメジロが啄ばみに来ているのを見てしまった。雪景色の中、完熟した薄紫の実に抹茶色のメジロ。その美しさもさながら、ウドの実がメジロの好物である事や冬場まで自然保存されている貴重な食糧である事を初めて知った。こうなるともう切れない。亡き父も同じような経過を辿ったのだろうか?

というわけで、我が家の庭は昔も今もウド天国。この夏も可憐な花を咲かせている。

 

〈ウドにメジロ    晩夏の頃〉